金融機関の借入審査について

金融機関から借入れをするときは審査があり、お金を借りた機会の少ない方はどのような事を調べられるのか不安になります。金融機関からの借り入れで調べられるのは、収入や職歴と過去の借金問題を問われます。収入や職歴はこの頃は強く問われることはなく、バイトやパートの人でも安定した収入があれば貸してくれます。

 

ですから収入や職歴は問題になりづらいのですが、最近は過去の借入が問題になりやすいです。今は支払いを簡単にカードで出来てしまうので、知らないうちに借金をしていることがあります。
例えば商品をカードで買って、その分割払いを何度か遅れると返済問題が発生します。カードで商品を買ってもそれは借り入れになっている事が多いですから、商品を買った時の返済に問題があれば記録が残ります。

 

過去の借入問題は金融機関ならば誰でも見れるので、安易な借り入れをしているといざというときに借りれなくなります。金融機関からの借入審査では収入や職歴を問われますが、最近は過去の借金が問題になる事が増えています。

地方銀行における借入審査

地方銀行には都市の大手銀行とは大きく異なる点があります。地元密着であること。例えばみずほのキャッシュ?カードはどの県の方でも持っている可能性があります。しかし、例えば青森県の地方銀行のキャッシュカードを山口県の方が持っているという事は考えづらいですし、銀行の方でも他県、それも遠い地域の方が口座を保有するという事を勧めていないというよりも、妨げるくらいの気持ちでいるようです。

 

それもそのはずで、地方と都市では在り方が異なるのです。多く口座を作ってもらって口座の主に儲けていただくということではなくもう少し地域に密着したあり方で銀行としての責務を果たしていくのです。まず、借入です。普通であればもう駄目だな、というところにお金は貸し出しません。審査ではじかれます。

 

しかし、駄目な人もお金を必要とし、借入にやってきます。それを無碍にするという事は地域の在り方ではありません。多少の貸し倒れは承知の上で貸し出すことはよくあることなのです。地域の方に利用してもらいやすいように在り、実際地域の方には多く利用してもらいそれで都市に勝るわけではありませんが勝ることではなく、助け合う、そういう精神が地方にはあるのです。

借り入れの審査というものを理解する大切さ

お金に対する借り入れというものを行う際には、実際に借りる金額に対する審査というものが発生することとなりますので、その本質を十分に理解しておくということが大切になり、お金に対しての返済能力というものをその審査内容によって図られることとなりますので、自分自身で返済に対する計画性というものをきちんと持った上で審査に望むということが重要となり、借り入れを希望する金融機関側に対して必要となる金額に対する返済計画というものを明示することができるような事前準備というものが重要な事柄となります。

 

お金を借り入れるということには、返済に対して一定の金利というものが発生して、借りた金額よりも多くのお金に対する支払いというものが生じることとなりますので、そのことまでを十分に理解し、返済の総額というものを把握した上で、お金に対する借り入れというものを行うことが、円滑にお金を借りる際には重要な事柄となってきますので、審査を受けても慌てることがないような準備が必要となります。

住宅ローンの借入の審査基準とは? ※体験談

住宅ローンの借入をしたいと妻と話し合っていたのですが、マイホームを購入することになったので、2人でローンを組むことに決めたのです。私の年収は600万円くらいで、妻も働いていて年収は300万円程度だったのです。

 

多分審査も通ることができるはずだと、その住宅ローンの借入にも申し込んでみたのですが、私名義で一応申し込んだのです。そしたら、審査基準も私の方の収入で計算されることになったのです。なので、源泉徴収票を用意することにしたのですが、私の収入だけで審査を通ることができるのが疑問だったのです。

 

そのため、私の収入だけで通ることができなかったときには妻の収入も審査に入れるつもりで、申し込みをしていたのです。妻の収入を入れれば、十分余裕があったのですが、妻はそのときは源泉徴収票を用意することができていなかったのです。その結果は私名義の住宅ローンでも審査も通ることができたのですが、借入もすることができたのです。

更新履歴